おいしくな〜れ♫ と 時間ねーし!

2019.7.4

 

私たちはいつも何かを生み出しています。
例えば言葉。
私ならジュエリーデザイン。
イベントの案内文。とか。
誰かとの会話もそうだし、
心の中で思う独り言も生み出されるものの一つですよね。

 

それらは、たとえ目に見えないものでも
そのときの私の感情を乗せて
波紋のように
広がっていくんじゃないかと思っています。

 

だからデザインするときは
できるだけ自分の我を0にして
お客様の思いや願いを
純粋なまま形にするように意識してるんです。

 

こんなことがありました。
去年、世界を代表する
クラシックギター演奏家
大萩康司さんの演奏に
えらく感銘を受けたことがありました。

 

当時の私は新しく事業を始めたばかりで
毎日が必死。
また、露出が増えるほど
他人から自分がどう見られるかを
とても気にするように。

 

そんなとき、夫がコンサートチケットを
プレゼントしてくれました。
そして久しぶりに聴いた生演奏は
パサパサの心を潤してくれました。

 

その中にムーランルージュという曲がありました。
聴けば聴くほど不思議なことに

 

「人から好かれたい。こんな風に見られたい。」

 

という気持ちが、
一枚一枚
薄いベールを剥ぐようにふんわり消えて、

 

「人を愛そう」

 

という気持ちにどんどん変わっていくのです。

 

胸にあふれていた感情が
別のものに転換されていったかのような
初めての不思議な体験でした。

 

聴けば聴くほど満たされる心に、
私は思わず大萩さんに
メールを送ってしまったんです。
演奏の秘密を知りたくて。

 

すると、世界を代表する演奏家でありながら
すぐお返事が返ってきました。

 

「とても感じる力を持っていらっしゃる方なのですね。
きっとその由希さんを動かした力は
作曲家の力だと思います。

 

私はその作曲家の意図を
なるべく自分というフィルターが透明に近くあるよう
(自我を出しすぎない様)
心がけて演奏しています。

 

言葉が聞けて嬉しいです。」

 

とても謙虚で優しく、
まるで草原に吹くそよ風のようなお返事に
とても感激したことを覚えています。

 

音楽を聴くとき
誰が演奏するかで感じるものが違う、
というのはまさにこれだ!と思いました。

 

今、あなたが何か重大なことを決断する時、
それがどんな結果に繋がるのか、
時間や金銭面でのバックを考えるのは
当然のこと。

 

でもそれ以外にもう一つ
忘れてはいけないことがあります。

 

それは決断後のあなたが
のびのび自由に輝けているのかということ。
あなたの良いところが、
決断後の行動で消されてしまわないこと。

 

努力をするな、
ということではもちろんありません。
努力はもちろん必要です。

 

自分の感情を押し殺して
のびのび自由に生きれない、
つまり個性が活きない状態になるのを
避けて欲しいということです。

 

なぜならあなたが生み出すものは
波及していくものは
全てあなたの感情付きで伝播していくから。

 

美味しいお弁当を作った時

「おいしくなーれ!」

 

と思いながら楽しんで作るのと

 

「時間ねーし!」

 

と思いながら作るのでは、
パッと見一緒でも
味わいは全く異なることでしょう。

 

大切に書いた文字と
急いで書いた文字は、
まるで別人が書いたように見えます。

 

そして、それを見た人の心に
何らかの感情を芽生えさせるものです。

 

【 決心するときは頭で考えず腹で考える 】

 

あなたが生み出す全てが、
誰にどんな良い感情を届けられるのか。

 

目先のメリットデメリットよりも
この観点で決断すれば
どんな結果になろうと
間違いはないんじゃないかな思っています。

^
TOP