家族の歴史を受け継いで

2019.2.11

お祖父様の肩身から出てきたカフスボタン。
その一部であるパールをピアスに

リメイクさせていただきました。

 

 

 
うっすら淡いピンクの輝きが
内側から溢れ出て
目には見えませんが脈々と流れる

血液のような縁を喚起させるパールでした。

 

 
パールは着用するうちに
表現の輝きが衰えます。
しかし構造が層になっており、
表面の層を剥がすとまた新たな輝きが

蘇ります。

 

 
まるで
カフスボタンを入手なさった時の喜びが
年月を超えて

再び持主の元に蘇るかのようです。

 

 
言葉を発しないジュエリーですが
深い佇まいは
言葉以上の風格で
目にする私たちに
これまでの自然界の変遷を
見せてくれるかのようです。
 
(黒澤)

^
TOP