目の前に広がる大雪原

2018.1.15

氷点下まで気温が下がった今朝。
さむいさむい・・と部屋から出ると、外は青空に真っ白な大地が広がる光景。
これこそ冬の醍醐味です。

 

 

昨日までの曇り空が嘘のような青空に、思わず外に飛び出してしまいました。
凍った道路で転ばないよう慎重に歩いていますが、
20分もすると汗ばんできます。
コートのファスナーを前回にすると汗ばんだ体に
冷たい空気がとっても気持ちいいです。

 

 

この景色に出会えることは庄内では滅多にありません。
今日は雪原の中に動物の足跡すらなくて、
本当にまっさらな大雪原が眼前に広がっていました。

 

 

 

 

 

こんな雲はなんていう名前なんでしょう?
連なる雲の姿をリングデザインにするのも素敵だと気がつきました。

^
TOP