まるでワインゼリーのようなツヤと透明感 ルベライト

2019.7.12

 

一見ルビーのように見えますが
若干パープリッシュで
ルビーよりも落ち着いた色合いなのがお分かりでしょうか。

 

この宝石はルベライト。
語源はラテン語の「赤い色」rubellusが由来とされています。
 

実はトルマリンの仲間で、
大きめの結晶で採掘されるのが特徴です。
 

落ち着いた色合いと透明感は
まるで美しいワイングラスに注がれた年代物のワインのようです。
 

宝石言葉は「広い心」「思慮深さ」。
 

色白で黒髪の方がつけると
顔色が美しく引き立つテリと色合いです。
派手すぎない色合いが上品さを表しているので、
白や淡いベージュで柔らかい素材の服を選ぶと
さらに美しく映えるでしょう。

^
TOP