私の気持ちがいつまでもぶれずにありますように。 (ジュエリーとあなたの物語)

2020.7.16

 

「今がいつまでも続きますように」
初詣でそう願ったのがもう半年以上も前。
すっかり遠い昔のことのよう。


私は7月から新しい部署に変わった。
前までいた部署では商品を直接消費者に販売する
仕事に携わっていた。
ご購入くださった方のリアルボイスを聞けるのは
私にとって大きなモチベーションで、
やりがいたっぷりな数年間だった。
このまま同じ部署で自分のペースで仕事ができたらいいなぁ、
と思っていた矢先のこと。


突然の移動事例。
新しい仕事はこれまでと規模が桁違いな法人営業。


これまではほぼ女性ばかりの職場だったが
今では男性の方が多く、
時間のスピードが10倍も速くなったように
感じる日々だ。


初めの頃は変化の多い刺激的な毎日に
とても興奮していたが、
一ヶ月もすると体力が続かなくなり、
あまりの情報量にパニック寸前。
週に2日ある休日は朝からずっとベッドの中。


「こんなんじゃいけない!」
と気持ちを振り絞るも、
気合だけではどうにもならないのが現実だった。


そんな時、電話で愚痴を聞いてくれた友人が
こんなことを言ってくれた。
「結果を残さなきゃ!って思ってるんちゃう?
そんなこと考えたら気持ちがギュッて縮こまるよ。
結果は別にして、やりたい気持ちをいっぱいにして
とことん行動してみたらええやん。
そしたらあんたの良さがいっぱい出てくるんとちがう?」


ハッとした。
初めは新しい環境や学びの機会に
ワクワクしていた私。
ところがしばらくすると、
結果を残さなきゃいけない焦りとプライドが顔を出して、
身動き取れない状態になっていたのだった。


「楽しむかぁ」


この職場に抜擢された幸運。
1人では見れない景色を大勢と共に走り抜ける経験。
全てが宝物じゃないか。
そのあとのことを考えて不安になったら、
今目の前のこの瞬間を思い切り味わおう。


頑張ろうと決めてこれからのお守りに買った
ダイヤモンドリングをそっと見つめる。


“永遠に続く”と名付けられたこの指輪に
そっと願いをこめる。


「この瞬間を心から楽しめる私でいつもいられますように、
どうか見守っていてください」


「がんばって」
小さな輝きがキラキラと
私を応援してくれているように感じた。

 

 

*この物語はフィクションです。

 

About Story

ここでは紹介しない、

もう少し深いお話をメルマガでお届けしています。

HAYASEが案内するジュエリーの世界へぜひお越しください。

リンクよりご登録ください。

https://forms.gle/ZGwjnU65LsewjAiZ8

^
TOP